マンガ翻訳の優秀者をプロの翻訳家を始めとするオフィシャル審査員による最終審査で決定するマンガ翻訳コンテスト、『Manga Translation Battle vol.6 』。
マンガ翻訳家志望者の活躍の場を増やし、世界のより広い層に質の高い日本のマンガ文化を発信するプラットフォームとなることを目指して、今回で6回目の開催となります。今回の大賞受賞者を迎える授賞式を行い、シンポジウムでは、アメリカ、フランスからもパネラーを招き、日本の”マンガ”を海外、特に欧米で広めていく際の課題や、今後どう普及すべきかなどについて、各社の取り組み事例を紹介してもらいつつ、登壇者の方々に語って頂きます。
ぜひともお越しいただけますようお願い申し上げます。

<翻訳コンテスト授賞式・シンポジウム>
日時:2018年2月14日(水)18:00~20:30(開場17:30)
場所:秋葉原UDX シアター
イベント詳細及び参加事前申し込み
https://myanimelist.net/manga_translation_battle/ceremony/application

「Manga Translation Battle vol.6」
翻訳コンテスト公式ページ:https://myanimelist.net/manga_translation_battle
主催:文化庁、デジタルコミック協議会
コンテスト運営協力:MANGAPOLO(株式会社 電通)
/MyAnimeList(株式会社ディー・エヌ・エー)
※本コンテストは平成29年度文化庁メディア芸術連携促進事業における連携共同事業として採択されています。
メディア芸術関連の情報発信サイト(メディア芸術カレントコンテンツ): http://mediag.bunka.go.jp

■プログラム

●翻訳コンテスト授賞式
司会:新井里美(声優/ナレーター)
プレゼンター:
Debora Aoki  マンガジャーナリスト
Matt Alt  マンガ翻訳者/株式会社アルトジャパン
William Flanagan  マンガ翻訳者/編集者
木村智子  マンガ翻訳者/フェロー・アカデミー講師

[課題作品及び受賞者]
大賞:Preston Johnson-Chonkar(アメリカ)
   対象作品『ニューヨーク・ニューヨーク』(羅川真里茂・白泉社)
作品優秀賞:Cyrus Kwong(マレーシア)
   対象作品:『であいもん』(浅井りん・KADOKAWA)
作品優秀賞:Stephen Kohler(アメリカ ※広島在住)
   対象作品:『ハチ参る』(遠藤淑子・秋水社)

●シンポジウム
『欧米における”マンガ”とは。編集者が語る海外展開のこれまでとこれから』
世界中で活躍するマンガ出版関係者・編集者。今回は、アメリカ、そしてフランスから、長年”マンガ”に携わってきたキーパーソンをパネラーとして招き、日本のマンガを海外で展開する上での今までの苦労やエピソードを語ってもらいます。また、日本側からも”マンガ”を海外に広めるために今までにしてきたこと、現在行っていることなどを語ってもらい、それぞれの立場で”マンガ”海外展開の今後のあり方をディスカッションしてもらいます。

パネラー:
・Michael Gombos(Dark Horse Comics)
・Gregoire Hellot(KUROKAWA)
・瓶子 吉久(株式会社集英社)

モデレーター:吉羽 治(株式会社講談社)

■取材及びイベントに関するお問い合わせ
メール:info@mangapolo.jp
電話:03-6216-8316(平日 10:00〜17:00)
デジタルコミック協議会 (事務局:電通内 担当:浅井、照井)