MADB Lab ロゴ メディア芸術データベース・ラボ

English

【終了しました】2021年メディア芸術データベース活用コンテスト2021 データのバリューアップで世界をもっと面白くしよう 開催概要

EVENT
Updated on 2021-10-13

イベント概要

文化庁では令和3年1月30日(土)から2月16日(水)まで、「メディア芸術データベース活用コンテスト2021:データのバリューアップ↑で世界をもっと面白くしよう」へのエントリーを募集します。文化庁は、メディア芸術(マンガ、アニメーション、ゲーム、メディアアート)の振興を企図して、保存・活用の基盤となる「メディア芸術データベース(ベータ版)」を公開しています。さらにこの度、より多くの方にこのデータベースを活用していただくための機能として、オープンデータとして使用できるデータセットをリリースし、APIの機能拡充を行いました。今回のコンテストは、このデータベースの活用法について、ユニークな着想で他のデータと掛け合わせて新しく作成されたデータを募集し、その面白さや社会的な活用可能性について探求するものです。

一般に、データそのものは、単なるデジタル情報にすぎません。しかしながら、地図情報、人々の移動、人々の属性など、多様なデータを組み合わせて理解することができれば、これまでにない新しいサービスやソリューションを生み出すことが可能となります。今回は「メディア芸術データベースのデータをどのような外部データと掛け合わせれば、新たな価値を生み出すことができるか」について、その活用アイディアや、サンプルデータを作成し、誰もが利用可能となるように公開いただくまでを審査の対象とします。

御応募いただいたエントリーは、厳正なる一次審査のうえ、ファイナリストを選出します。ファイナリストに選ばれた皆さまには、2月20日(土)に開催される最終審査イベントにてプレゼンテーションを行っていただき、最優秀事例・優秀事例を決定いたします。

メディア芸術自体に興味がある方はもちろん、オープンデータの活用から、新ビジネス創出を考えている方、メディア芸術を活用した教育問題、地域活性化、環境保全などの社会課題解決にチャレンジ・貢献したい方も含め、幅広い皆さまの御参加をお待ちしております。

コンテスト応募要項

応募期間:
令和3年1月30日(土)~2月16日(火) 23:59締め切り
最終審査イベント:
令和3年2月20日(土)14:00~17:00(予定) ご視聴はこちらから。
応募方法:
こちらのページを御確認ください。
応募資格:
どなたでもエントリーいただけます(年齢、性別、国籍などは不問)※個人・チーム(グループ)も問いません
副賞:
最優秀事例 1点(Amazonギフト券10万円分)/優秀事例 2点(同 5万円分)
審査基準:
作成したデータ及びその活用アイディアについて、以下の4点を評価します
オリジナリティ、着想の斬新さ
社会へのメリットなどのインパクト(社会や人の役にたつか)
メディア芸術データベースの良さを引き出しているか
完成度、作り込みの度合い、実現可能性
※1次審査の結果、最終審査イベントに出場いただく応募者の方には、2月18日(木)中にお知らせします
主催:
文化庁
運営:
国際大学 グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)、メディア芸術コンソーシアムJV事務局
広報協力:
一般社団法人リンクデータ、インフォ・ラウンジ株式会社、デジタルアーカイブ学会

コンテスト審査員

  • 大向一輝 氏

    大向一輝 氏

    東京大学大学院人文社会系研究科准教授。博士(情報学)。専門はウェブ情報学、人文情報学で、学術情報サービスCiNiiの開発リーダーを約10年間務めた。メディア芸術データベースではサービス全体の「プロデューサー」としてシステムの基本設計やユーザーインターフェイスを主に担当している。

  • 千代田まどか(ちょまど)氏

    千代田まどか(ちょまど)氏

    IT エンジニア兼マンガ家。iU (情報経営イノベーション専門職大学) 客員教授。ツイッター @chomado はフォロワー 8 万人を超える。
    物心ついた頃からゲームと絵を描くのが大好きで、大手外資系 IT 企業に勤めながら副業でマンガ家をしている。休日は 1 日 15 時間ゲームをしている。

  • 石山星亜良 氏

    石山星亜良 氏

    大学、企業でアーカイヴの構築、調査等に携わる。資料に関連する展示の企画や、プロジェクトも行う。現在、多摩美術大学アートアーカイヴセンター研究員。進行中のプロジェクトに、『三上晴子の「メディア・アート原論」を拡張する』がある。

  • 渡辺 智暁 氏

    渡辺 智暁 氏

    国際大学GLOCOM 主幹研究員/教授。
    専門領域は情報通信政策、オープン化と社会・産業変動など。Ph.D.2008-15年に国際大学GLOCOMにて研究に従事、慶應義塾大学政策・メディア研究科特任准教授を経て、2019年より国際大学GLOCOM教授・主幹研究員。本イベントと関連するところでは、社会課題解決のためのオープンデータ政策、著作物やデータなど情報資源の自由な再利用のもたらすメリットなどを研究している。他に慶應大学SFC研究所上席所員、総務省情報通信政策研究所特別研究員、NPO法人コモンスフィア理事長など。