MADB Lab ロゴ メディア芸術データベース・ラボ

English

データ利活用例その1:作家の著作年表

Updated on 2021-11-12

MADB LabのSPARQLエンドポイントを使って、特定の作家の著作を年表形式で表示することが出来るアプリケーションです。

  • 作家の著作年表

    ※メディア芸術データベース公式GitHubへリンクします。GitHubアカウントの運用方針についてはこちらをご覧ください。

使い方

メディア芸術データベース(ベータ版)の責任主体のデータID(C+数字)を入力してください。

「表示」を押すと画像のように、年表形式でMADB-IDに紐づくアイテムが表示されます。

責任主体のIDを検索して取得する方法

責任主体のMADB-IDはメディア芸術データベース(ベータ版)のまとめ検索から探すことができます。

詳細検索で、「責任主体」で絞り込むと探しやすいです。

名前の下にC+数字で表されているものがMADB-IDです。

  • データはメディア芸術データベース(ベータ版)のデータを利用しており、完全なデータは保証していません。
    そのため望ましい結果が表示されないこともございます。
  • データは不定期に更新しております。

実装の概要

テキストボックスに入力された責任主体のMADB-IDから、その著作を取得するためのSPARQLクエリを動的に生成し、MADB LabのSPARQLエンドポイントへ送信します。 返却された結果は、年表として表示するためのHTMLへ整形して出力します。

ソースコードはこちらを参照ください。

MADB LabのSPARQLエンドポイントをつかって自在にデータを取得することで、このようなアプリケーションを作ることができます。
是非皆さんも面白いサービスを作ってみてください。